ブログ「鶴サナだより」

「東京都認知症疾患医療センター相談員連絡会」参加 11月29日

東京都庁第二本庁舎1階 二庁ホールにて行われた「東京都認知症疾患医療センター相談員連絡会」に、当院の精神保健福祉士、村山 秀人 主任と齋藤 美里 副主任が参加しました。

これは、都内にある全52の認知症疾患医療センターの専従もしくは専任相談員の連絡会で、年2回行われている会合です。

今回の連絡会の中では、村山主任より「認知症疾患医療センターにおける地域連携の取組について」という演題で発表が行われました。この発表は、当院が町田市と連携して行っている取組が認知症初期支援の充実の好事例として評価され、東京都からの依頼により実現しました。

認知症初期支援の充実ということで、取り分け着目されたのは、認知症初期集中支援チームの取組と普及啓発活動についてです。

「認知症初期集中支援チーム」とは、複数の専門職が家族の訴え等により自ら相談や受診が出来ない認知症が疑われる人や認知症の人及びその家族を訪問し、アセスメント、家族支援、受診勧奨、介護サービスの構築などの初期の支援を包括的、集中的に行い、自立生活のサポートを行うチームのことです。町田市内では圏域ごとに計4つのチームが活動していますが、昨年から合同の医療連携会議を年2回開催し、事例の共有を図り初期の支援を推進しています。

また、同じく昨年より市内全域で、地域住民を対象に認知症疾患医療センターの普及啓発活動も行っています。市内にある12箇所の高齢者支援センターとの共催で、当院の精神科医師による講演を中心に、認知症疾患医療センターの役割や、認知症についての基礎知識、早期受診・早期対応の重要性などの普及啓発に取組んでいます。

こうした活動が東京都からも高く評価され、都が策定する『第7期東京都高齢者保健福祉計画(平成30年~32年度)』の中で地域における好事例としてコラム掲載されることが決まりました。