ブログ「鶴サナだより」

「DASC-21研修会」開催 3月2日(金) 町田市役所会議室

高齢者支援センター職員及び市の職員を対象とした「地域包括ケアシステムにおける認知症アセスメントシート DASC-21について」という研修会を開催し、当院の臨床心理室 西村 嘉子主任が講師を務めました。

参加者は合計48名と予想を上回る人数で、この研修への期待の高さが窺えました。

DASC-21とは、高齢者の認知機能と生活機能を評価し認知症を総合的にアセスメントするツールです。

今回は、臨床心理士の視点から、DASC-21の概要やアセスメントの基礎知識といった基本に加え、実施事例や初期集中支援チーム、臨床心理士相談といった実践編まで充実した内容で講義をおこないました。

研修終了後には参加者の方々か「次年度も是非開催して欲しい」という声を掛けて頂くなど、大変好評でした。

講義のほかにグループワークも実施し、DASC-21を実際に使えそうな場面について意見を出し合い、これからの地域包括ケアにおける共通言語としてのDASC-21の有用性を共有できたほか、各支援センター同士の交流の場となり大変有意義な会となりました。