ブログ「鶴サナだより」

「第19回市民公開講座開催」

4月25日(水)、鶴川市民センターにて、第19回目となる市民公開講座を開催しました。今回は、『元気で長生き!健康体操』というタイトルで、リハビリテーション科作業療法士の池田瑞らにより体操プラグラムの実演と体験を行い、63名の地域住民の方に参加していただきました。

この体操プログラムは、厚生労働省が推奨している長生きのための体操プログラムで、高齢者でも簡単に取り組めるシンプルな内容で、日々の生活に必要な筋力・体力の維持向上を目的としたものです。体操の後には、ボールや風船を使った軽スポーツも行い、参加者はみな笑顔で元気よく実施していました。

アンケートでは、「楽しかった」「参考になった」といった感想も多く聞かれ、また、「老人会でも実演して欲しい」といった要望もいただきました。

次回は、5月17日(木) 臨床心理士による「認知症の人や家族のこころとケア」について講演を予定しています。詳しくは病院ホームページ市民公開講座のページをご覧ください!