鶴サナだより病院ブログ

「認知症介護者交流会」開催 2月9日(金)、16日(金)、23日(金) 院内会議室

2月9日、2月16日(金)、2月23日(金)に「認知症介護者交流会」を開催しました。3週連続で認知症とケアについて多職種による講義と交流会を行うものであり、当院患者様のご家族8名が参加していただきました。この会は昨年度まで「やわら会」と称して約4年間行っていた家族介護者教室を再編成したものです。 全体の司会を臨床心理室 川合主任が行い、講義を外来 松本看護師長、C6病棟介護福祉士 長井さん、作業療法室 壬生副主任、医療相談室 和賀井さんが担当しました。会には精神科医師や薬剤師など多職種が参加しご家族のお話を伺い、適宜質問にお答えしました。 参加の方々は講義に真剣に耳を傾け、メモを熱心にとる姿がみられました。講義への質問や交流会での体験談はどれも切実であり、認知症介護の難しさ、家族ならではの悩みを痛感するものでした。会を重ねるごとに、本音が語られるようになり、時に涙することや、ホッと笑いが出ることもありました。参加者同士で励まし合ったり、情報交換をし合ったりという様子もみられており、この場だからこその交流が生まれたように思います。終了後のアンケートでは好評価をいただいており、次年度は複数回の開催を検討しています。