鶴サナだより病院ブログ

[告知] まちだDサミット ~”認知症の人にやさしいまちづくり” のはじめかた~

11月24日(土)、桜美林大学町田キャンパスにて『まちだDサミット』が開催されます。
Dサミットの“D”は【 Dimentia=認知症 】を表し、
要するに「町田版の認知症サミット」ということになります。
 町田市では、「認知症の人にやさしいまち」の実現に向けて、
認知症当事者とその家族をはじめ、医療福祉関係者、行政、企業、NPO、
学術研究者で話し合いを行い、「16のまちだアイ・ステートメント(文章)」を作成しました。
 これは、「認知症の人にやさしいまち」のあるべき姿を、
認知症当事者の視点で表したもので、
まちづくりを担う方々が目指す目標となるものです。
 『まちだDサミット』では、すでにこの目標に向け、企業、医療福祉関係者、地域団体など、
それぞれの分野で先進的に取り組んでいる方々が一堂に会し、実践している取り組みを
紹介するとともに、認知症当事者とともにこれからのあり方を議論します。
午後の部では、当院の医療相談室で精神保健福祉士の村山秀人主任が
「認知症の人にやさしい病院」というテーマでセッションをおこないます。
尚、このセッションには、当院の精神科医師で認知症疾患医療センター副センター長の
奥村武則医師も登壇します。