患者さま・ご家族の方へ

もの忘れ外来

「もの忘れが多い…」と不安を感じる方、「認知症では?」と気になる方などを対象に診察しております。早期診断、早期治療が大切です。
外来は予約制となっております。お気軽にご相談下さい。

当院のもの忘れ外来の特長

町田地域で数少ない高齢者の認知症を専門に診断・治療をおこなっております。
認知症に伴う精神病症状により、自宅や施設で過ごすことが困難になった方に対しては、入院加療も行っています。

診療と治療の方針

認知症に伴う精神病症状に対し、薬物療法を行っております。診療は医学的治療だけではなく、本人やご家族さまのご相談を伺うことで「心のケア(負担や苦痛の軽減)」や、必要に応じて介護福祉情報の提供および社会資源の説明をさせて頂きます。
患者さまがこれからも尊厳をもって生活ができるお手伝いをいたします。

担当医表〈予約制〉

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

 
午前 田中 真野 奥村 武則 小松 弘幸 石井 徹郎 遠藤 多香子 佐久本 昇
小松 弘幸 小松 弘幸 今井 幸充 窪田 博 髙橋 秀行 奥村 武則
午後 北村 学 遠藤 多香子 田中 真野 石井 徹郎 佐久本 昇  
野中 与志子 平田 進英 今井 幸充 窪田 博 藤巻 英生  

※ 初診患者様の診療をおこないます。

処方しているお薬について

症状の進行を遅らせるための4種類の認知症治療薬(アリセプト、レミニール、リバスタッチパッチ/イクセロンパッチ、メマリー)の他、BPSDを抑えるための向精神薬等も取り扱っております。

対象とする主な病気

  • 認知症全般(アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体型認知症など)
  • 老年期うつ病
  • 老年期精神病

診察に用いる検査機器や方法

  • 頭部CTや頭部MRIにより、大脳や海馬の萎縮、脳溝の開大や脳室の拡張、腫瘍や出血、梗塞などの血管病変の有無をチェックします。
  • MRI画像を解析し数値化する「VSRAD」というソフトにより、早期アルツハイマー病の診断支援が可能です。
  • 血液・生化学検査により、内科的・外科的要因による認知機能障害を区別します。
  • 長谷川式認知症スケール(HDS-R)、ミニメンタルステート検査(MMSE)、日本語版COGNISTAT(コグニスタット)などの心理検査を行っています。

受診される方へ

精神科/老年精神科(もの忘れ外来)での受診にはご予約が必要です。
かかりつけ医のある方は、紹介状・お薬手帳をお持ちください。
受診の流れ

0427352222 0427352222タップで電話をかけられます

[受付時間]
平日 9:00~17:00/土曜 9:00~12:00