看護補助者のキャリア支援

当院には、キャリアアップ・キャリアチェンジを目指す看護補助者の方が利用できる資格取得支援の制度があります。この制度を利用して、働きながら介護福祉士の資格取得を目指すことができます。

介護福祉士は、専門知識と技術を生かして、介護を必要とする人の身体上・精神上のケア、現場の介護スタッフに対する教育・指導などをおこなう職種で、高齢化が進む日本ではニーズの高い国家資格です。

介護福祉士になるには?

介護福祉士になるには、国家試験を受験し合格しなければなりません。そして、国家試験を受験するためには受験資格が必要となります。この受験資格を得るためには下記の3つのルートがあります。

実務経験ルート

3年(実働日数540日)以上の実務経験と、「介護福祉士実務者研修」を修了することで受験資格が得られます。実務経験とは、介護施設や病院などで、介護職やヘルパーとして働いた実績になります。当院での看護補助者として勤務はこの実務経験に該当します。また、学歴・年齢・性別は不問で、常勤職員でなくパート職員でも、条件を満たしていれば受験が可能です。

養成施設ルート

福祉系の専門学校などの養成施設を卒業することで受験資格が得られます。(2021年度卒業生までは卒業と同時に介護福祉士の資格を取得できますが、2022年度から、資格を取るには筆記試験に合格する必要があります。)

福祉系高校ルート

福祉科や介護福祉コースなどのある高校や特例高校を卒業することで受験資格が得られます。

実務経験ルートで必須の「介護福祉士実務者研修」とは?

介護福祉士実務者研修(以下、実務者研修)とは、介護の専門職として様々な患者・利用者に対応できる介護技術や、認知症、医療的ケアなど介護職に必要な知識の獲得を目指した研修です。
2016年度から、実務経験ルートで介護福祉士になるには、実務経験に加え、実務者研修を修了していることが義務づけられました。

実務者研修を受講するには?

実務者研修の講座は、様々な資格スクールで開講されております。修了までの期間や費用は、介護職員初任者研修(ヘルパー1級、ヘルパー2級)等の資格の有無によって異なりますが、そういった資格もいっさい保有していない方が受講する場合は、計450時間(6か月)の講座を受講する必要があります。

IMSグループでは独自の実務者研修を開講

IMSグループでは、職員向けに通信課程の実務者研修を開講しています。450時間のうち[介護過程Ⅲ(45時間)]と[医療的ケア(50時間)]はスクーリング(集合研修)となりますが、それ以外はWeb学習システム(eラーニング)を導入していますので、自分のペースで無理なく学習することができます。また、医療法人グループならではの経験豊富な教員による質の高い指導で、養成校と同等の教育が受けられますので、未経験者でも安心です。IMSグループ独自の従業員優待制度もあり、それを利用して介護福祉士資格を取得した職員も多くいます。
看護補助者として3年の実務経験を積みながら、ひとつ上のステップを目指してみてはいかがでしょうか?

介護福祉士以外の道も

介護福祉士以外にも、当院に看護補助者として入職したことをきっかけに医療の現場に触れ、その先のキャリアアップを果たした職員は少なくありません。
IMSグループでは、看護師を目指す方を支援する奨学金制度があるため、そうした制度を利用して、当院に籍を置きながら、看護師養成機関(大学・短大)に通学し、看護師の資格を取得して活躍していくことも可能です。

スタッフインタビュー

看護補助者から看護師にキャリアチェンジした看護師長Y.Iに聞く

無資格・未経験からのチャレンジ

もともとの入職のきっかけですが、恥ずかしながら20代ころの私は、特に就きたい仕事も目標もなく、堕落した毎日を過ごしていました。そんな生活を見かねた従兄弟が、以前当院の総務課で働いていたこともあり、ここの看護補助者の仕事を紹介してくれました。
自分でも「このままの生活ではいけない」と漠然とした不安を感じていたこともあり、看護補助者という仕事に挑戦してみようと思ったのが、当院への入職の経緯です。

人間力が磨かれる仕事

当院の看護補助者は、患者さまの身の回りのお世話をすることが仕事の中心となります。具体的には、シーツ交換やベッドまわりの環境整備、食事・入浴・排泄の介助など、介護職に近い内容です。必然的に患者さまと接する時間が長くなるので、面会のご家族とも顔見知りになって、直接お礼を言ってもらったときなどは、人の役に立てていると実感できる瞬間です。
当院は認知症の患者さまが多い病院なので、意思疎通が難しい方も多くて苦労もありますが、患者さまのちょっとした言動が治療の助けになることも多いので、看護補助者の役割はとても重要です。コミュニケーション能力、観察力、洞察力が鍛えられます。

キャリアアップ・キャリアチェンジができる

看護師の仕事ぶりを間近で見て単純に「かっこいい」と思ったのが、看護師を目指す最初のきっかけだったと思います。病棟で働いていると、看護補助者でも患者さまの急変などを発見することがありますが、自分の立場では何もできない悔しさもあったかもしれません。いつしか自分も看護師としてそこに加わりたいと思うようになりました。そんな想いを当時の看護部長に話したところ、看護学校への入学を勧められ、看護師を目指すことを決意しました。
当院が属する「IMSグループ」には看護学校もあるので、学校への推薦や奨学金制度などが充実しています。
こうした制度のほかにも、介護福祉士の国家資格を支援する制度もあり、キャリアアップやキャリアチェンジを後押ししてくれるのは魅力だと思います。

ふところの深さが魅力

当院にはいろいろな経歴の方がいて、まったく医療とは関わりのない分野で活躍していた方が多く働いています。職員寮もあるし、院内保育所もあるので、地方から出てきた方、子育て中の方、いろいろな状況の方を受け入れられる「ふところの深さ」があると思います。
そして一番の魅力は良い人が多い!この一言に尽きると思います。看護部のスタッフだけでなく、病棟以外のいろいろな部署の方とも垣根なく交流があるのが当院の魅力だと思います。

医療業界に飛び込むのに「遅い」ということはない

新しい環境に飛び込むことはとても勇気がいることです。それが医療機関であったり、看護・介護の仕事の場合、未経験の方は尚更不安に感じることかと思います。私もそうでした。
しかし、一歩踏み出してみると、その心配は杞憂に終わるのではないでしょうか。その一歩に遅いも早いもないと思います。もし迷っている方がいたら、見学に来て、直接働いているみんなの話を聞いてみるといいかもしれません。病院見学は随時受け入れていますので、気軽にご連絡いただければと思います。