公認心理師・臨床心理士

高齢者、認知症領域において、心理職はどんなことができるのだろう。
日々悩みながら、楽しみながら、実践をしています。
スタッフ一同は意欲的に取り組み、業務については真剣に、その他の場面ではざっくばらんに話し合い、休憩時間は笑い声があがることもしばしばです。
それぞれの個性、持ち味を生かし、やりたいことを実現できる職場を目指しています。

心理職は、認知症の人の心のケアを中心に、多職種連携・地域包括ケアのなかで大切な役割を担えると思いますが、まだマイナーな存在かもしれません。
だからこそ、今やれること、これからの可能性がたくさんあります。
あなたは、どんなことをやってみたいですか?
新しい仲間を楽しみにお待ちしています。

1日の業務スケジュール

8:30 出勤業務打ち合わせ
9:00 もの忘れ外来心理検査
10:15 心理検査レポート作成等
12:00 回想法スタッフ打ち合わせ
12:30 休憩(45分)
13:15 午後業務開始
13:45 回想法準備
14:00 認知症治療病棟 回想法グループ「金曜日会」
15:10 回想法グループ振り返り・記録・評価
15:30 病棟多職種カンファレンス
16:00 認知症家族介護者教室の準備
17:15 退勤

部署の取り組みや特長

院内においては、外来・病棟での各種心理検査、心理カウンセリング、認知症治療病棟での各種集団療法(集団回想法・コラージュなど)、多職種カンファレンスが主な業務内容です。認知症の人への心理社会的介入法である認知活性化療法(Cognitive Stimulation Therapy; CST-J)には開発段階から関わり、実践を重ねています。
家族介護者へのアプローチにも力を入れており、「家族支援委員会」では多職種チームの中心的な役割を担っています。
これら臨床実践だけでなく、各種介入の効果検証を行うなど、科学的視点も大切にしています。
また、地域連携に力を入れていることも特長です。
町田市の事業では「認知症高齢者等に対する総合相談生活相談事業(臨床心理士相談)」を担当、「認知症初期集中支援チーム」のメンバーとして訪問とチーム員会議に関わっています。町田版認知症カフェD-Café、地域連携に関する会議・イベントに参加することもあります。市内外の高齢者福祉施設、地域包括支援センターなどの依頼で講師を務めることもあります。

研修・教育体制

難しいケースなど業務に関する悩みをひとりで抱え込まないよう、チームで共有し、バックアップする体制を作っています。
部署内では、週1回のカンファレンス、月1回定期勉強会を行っています。年1回は外部講師を依頼してケース検討等を行うこともあります。IMSグループの心理士のための研修会もあり、他施設の心理士と共にスキルアップを図ることもできます。必要な専門誌、書籍は部署で購入し、教育、業務に役立てています。その他、各種外部研修、学会、研究会等にも参加しています。

「仕事のやりがい」を聞いてみました!

多職種や地域の関係機関と協働することも多い現場です。単独では困難なケースも、心理職としてチームに貢献しつつ、皆の協働で良い方向性に向かうことが出来たときは、やりがいを感じられるときです。

回想法や病棟の小集団活動で、患者さまにとって印象深い思い出や、これまで何を大事にして生きて来られたかなど、患者さまが様々な想いを話してくださることがあります。そうしたお話を聞かせていただけることが、スタッフとしても、ひとりの人としても大変勉強になり、高齢者領域で働くことの醍醐味であると感じています。

心理検査のときに、認知機能低下によって苦手になってしまったことだけでなく、“できること”にも注目し、今後も希望や自己肯定感を持ちながら生活していけるようなフィードバックができたときには、患者さまやご家族の方々のお役に立つことができたと実感します。

新しい取り組みにチャレンジするときは、準備や調整に苦労はありますが、患者さまや医療チームスタッフから「ありがとう」「楽しかった」「参加してよかった」などのお言葉をいただくと、とても嬉しく、疲れも吹き飛びます。

先輩からのメッセージ

医療領域の心理職として、検査や心理療法だけでなく、病棟へのコンサルテーションや家族支援、アウトリーチなど、基本から応用まで、幅広い経験を積むチャンスが豊富にある環境だと思います。自分らしさも生かして、やりたいこと、やってみたいことを、一緒にチャレンジしませんか?

複数のスタッフがいるので、体調や家庭の事情で休まざるを得ないときも、フォローしあうことができます。子育て中の方にもおすすめです。

築き上げてきたことを大切にしながらも、常に新しい視点を忘れない活気と向上心に溢れる職場環境です!やりたいことを胸にいらしてください。一緒に盛り上げていきましょう。

スタッフインタビュー

大学院生の頃、高齢の方が多く来院される病院で2年間実習をしていました。その中で当時あまり光の当たっていなかった老年期の心理的支援の必要性を強く感じたことから、認知症の専門病院であり老年期の心理臨床に携わることのできる鶴川サナトリウム病院に就職を希望しました。
新卒で入職して、はやくも5年が経過しましたが、毎年新しいことに取り組み、日々悩みながら忙しくも学びの多い毎日を過ごしています。

当院の臨床心理士の役割として、外来・病棟の検査で認知機能のアセスメントを行うことは重要な役目です。
多くの患者さまにとって認知機能検査は苦手なことに直面する辛い体験であるということを十分に配慮しながら、検査することを心掛けています。「大変だけどやってよかった」と言っていただけた時、やりがいを感じますね。

認知機能のアセスメントだけでなく、認知活性化療法(CST-J)の実践と研究や、認知症初期集中支援チーム、町田市の認知症カフェ(Dカフェ)へのファシリテーターとしての参加、家族会、地域の様々な認知症啓発イベントなど、幅広い業務に関われることも、町田市の認知症疾患医療センターである鶴川サナトリウム病院ならではの魅力です。
さまざまなことにアンテナを張り、新しい取り組みに意欲的な職場だと感じています。

鶴川サナトリウム病院は、自然に囲まれているため、季節に合わせて桜やツツジが咲きみだれ、天気の良い朝には鳥の鳴き声が室内まで響いてきます。br療養する患者さんや家族にとって、ほっと落ち着ける環境ですし、自分も心を落ち着けて働くことができていると思っています。

よくあるご質問

部署の男女比、年齢は?
現在、女性が6名男性が1名の計7名です。年齢構成は、20代5名、30代1名、40代1名です。(2019年5月現在)
資格について
全てのスタッフが、臨床心理士資格(公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会による認定)と、新設された公認心理師の国家資格を保有しています。
教育について
高齢者・認知症領域に関わったことがない方でも、基礎から応用まで段階的に指導しますので、ご安心ください。これまで新卒で入職したスタッフは、1~3か月程度で自立して外来心理検査を担当できるようになっています。
学会・研修への参加について
研究発表をするときや、業務上必要なものに関しては、出張として参加することができます。
ワークライフバランスについて
残業は、月3時間程度です。
院内の保育所を利用することができます。実際に産休・育休から復帰した職員もおり、子育て中の時間短縮勤務も可能です。
仕事とプライベートとを両立しながら続けていただける環境です。

募集要項

正社員(既卒者・中途のみ)

雇用形態 正社員
資格 「臨床心理士」資格と「公認心理師」の国家資格を保有。
ただし、公認心理士については見込みでも可とする。
勤務 1ヶ月を平均し1週40時間以内
8:30~17:15(休憩 45分)
(土曜日 8:30〜12:30)
休日 日曜・祝日・その他

【年末年始】
12月30日午後~1月3日
休暇 【特別休暇】
慶弔休暇[2~5日]

【出産休暇】
産前6週間・産後8週間

【育児休暇】
子が1歳に達するまで

【有給休暇】
初年度:10日[入職時3日、6ヶ月後7日]
※入職1年後:11日~最高20日
待遇 【給与】
213,600円~(手当含)
※締切日:毎月20日(ただし、変動手当は15日締め)、支給日:28日(休日の場合は前日)

【昇給】
年1回[4月]

【賞与】
年2回[7月・12月]
退職金 入職3年勤続後 別途退職金規程
福利厚生 【各種保険完備】
健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険・生命・損害保険


【保育所】
保育料:1,200円/回[食事・おやつ・おむつ代込]
※24時間保育、0歳~小学校就学迄

治療費減免制度
その他 【通勤の送迎】
小田急線鶴川駅・京王相模原線若葉台駅より、出勤時間、及び退勤時間に合わせた職員送迎バスを運行しています。

【通勤交通費】
・交通費は原則実費支給です。
・自家用車の通勤の場合は、距離に応じた金額を支給。(当院規定による)
・病院および病院送迎バスの停車場周辺に自宅がある場合は不支給。

応募から採用までの流れ(既卒者の方)

選考方法

面接試験

採用面接時にも院内保育所が利用できます。(要事前予約)

提出書類

写真付履歴書、職務経歴書、資格証明書

指定の履歴書がございます。下記のファイルをご利用ください。

選考プロセス

  1. 1. 応募フォームまたはお電話でご応募
  2. 2. 採用担当者よりメールもしくはお電話でご連絡
  3. 3. 書類選考
  4. 4. 面接(見学含む)
  5. 5. 採用・内定

採用に関するお問い合わせ

[担当]総務課 採用担当

[電話番号] 042-735-2222(代)

[住所] 〒195-0051 東京都町田市真光寺町197

施設見学に関するお問合せ

[担当]総務課 採用担当

[メールアドレス]kugimiya-k@ims.gr.jp

[電話番号] 042-737-7038(総務課直通)
※見学時はまずは上記のお電話番号にご連絡下さい

[住所・会場] 〒195-0051 東京都町田市真光寺町197

[見学内容] 病院内ラウンド、勤務希望部署内見学、寮見学
[持ち物] 筆記用具