認知症身体合併症治療病棟(精神病棟)

認知症身体合併症治療病棟は、認知症疾患のほかに、身体的疾患を合併された方に対し、認知症治療と身体的な治療を行う病棟です。
精神科主治医の他に内科の担当医がおります。身体的疾患を合併された方に対し認知症治療と身体的な治療を行うことは、認知症疾患医療センターが期待されている役割の1つです。

概要

病棟・病床数

南棟3階(S棟)60床
南棟7階(S棟)36床
中央棟3階(C棟)52床
148床

入院料等

精神病棟入院基本料15:1

看護基準

1病棟につき1日に8人~12人以上の看護職員(看護師および准看護師)および看護補助者が勤務しています。

朝8:30~夕方16:30看護職員7人~9人
看護補助者数6人~10人
夕方16:30~翌朝8:30看護職員2人~3人
看護補助者数1人~2人

平均在院日数

281.6日(2017年度)

対象者

認知症症状などにより、専門的な管理の必要な精神症状がありながら入院治療の必要な方(手術等の専門的治療をのぞく)

特徴

リハビリテーション

身体機能・能力回復を目的にリハビリを行っています。

精神科作業療法

生活の場である病棟内で週1回、活動を行います。主な活動内容は体操・音楽・ゲームなどです。これらの活動を通じて、患者さまの認知機能面の維持・向上、情動の安定、生活リズムの安定を図り、よりよい生活が送れるように支援します。

疾患別リハビリテーション

疾患により関わる期間は異なります。脳血管疾患等リハビリテーション等による身体機能・能力回復を目的にリハビリを行っています。