医療療養病棟

医療療養病棟は、全身状態は比較的安定されていても長期にわたり療養の必要な方に対し、長期継続的に医療的な管理を行う病棟です。内科主治医の他に精神科の担当医がおりますので、もし精神的な問題が起きた場合でも対応が可能です。
また、当院では他科(皮膚科・眼科・泌尿器科・婦人科・整形外科など)に関しても、専門的精査や外科的手術以外は非常勤医師の診察が可能です。

概要

病棟・病床数

北棟3階(N棟)43床
北棟4階(N棟)42床
北棟5階(N棟)42床
127床

入院料等

療養病棟入院基本料1

看護基準

1病棟につき1日に7人以上の看護職員(看護師および准看護師)および7人以上の看護補助者が勤務しています。

朝8:30~夕方16:30看護職員5人~6人
看護補助者数5人~6人
夕方16:30~翌朝8:30看護職員1人~2人
看護補助者数1人~2人

平均在院日数

392.4日(2017年度)

対象者

下記における疾患・状態の方。厚生労働省が定めた医療区分およびADL区分により、包括評価を行います。

特徴

リハビリテーション

身体機能・能力回復を目的にリハビリを行っています。

疾患別リハビリテーション

罹患している疾患や発症した時期によって異なりますが、身体機能・能力回復を目的にリハビリを行っています。

精神科作業療法

精神疾患のある方は書道や生け花、音楽、ゲームなどを行い情動の安定や生活リズムの改善を図り、より良い生活が送れるように支援しています。