鶴サナだより病院ブログ

「認知活性化療法CST-J(あじさい会)」開催中!

長い雨が続いていますね☂

皆さま体調など崩されていらっしゃいませんか?

さて、当院では外来通院中で認知症の診断を受けている方を対象に

6月3日から7月22日まで期間中(全14回、週2回60分)

「認知活性化療法(CST-J)あじさい会」を実施しております。

「あじさい会」の名前は季節と会の雰囲気に合った名前をメンバーで選び名付けました。


※CST-J(認知活性化療法)とは、参加者が活動を楽しみながら知らず知らずのうちに頭を使い、認知機能を活性化させ、気分の改善をはかる治療法です。イギリスで開発され、世界各国に広がり、日本でも治療効果について科学的に検証されています。

今期も締め切り前に定員に達し、回を重ねるごとに反響が大きくなってきていることを感じます。

精神科の北村学医師、臨床心理士の西村、松田、中辻、瀬川がチームを組んで担当しております。

6月20日の回では「魅力的な人について語りましょう」をテーマに、6人の患者様と一緒に昭和と平成のスターの写真を見て感想を話し合い、笑顔と活気のあふれる時間を過ごすことができました。

次回の日程などは決まり次第院内ポスターや当院ホームページでお知らせいたします。

今後もCST-Jを通して、認知症の方の生活の質の向上に貢献し、認知症疾患医療センターとして、同治療法の普及を図っていきたいと思います