鶴サナだより病院ブログ

読売新聞「病院の実力」に掲載されました

読売新聞(令和2年5月20日全国版、5月26日地域版)/「病院の実力 ~認知症編~」に当院の診療実績が掲載されました。
医療機関別2019年1月~12月の実績では、新規患者数が都内7位、民間病院としては都内2位との結果でした。

《クリックで拡大表示》

[令和2年5月20日/読売新聞 朝刊]

《クリックで拡大表示》

[令和2年5月26日/読売新聞 朝刊]

この結果を受けて、当院認知症疾患医療センター長 小松弘幸医師は、

「新規患者を多く診ることで、認知症医療の中核を担う認知症疾患医療センターとしての役割を果たし、地域貢献につながっていると考えています。その一方で、65歳未満で働き盛りの人が多い若年性認知症の方については、外来診療において充分なサポート体制が整っておらず、今後の課題であると考えています。より多くの方をサポートできるよう体制整備を進めていきたい。」とコメントしています。

今後、詳細は読売新聞社のインターネット医療サイト 「ヨミドクター 病院の実力」で紹介される予定とのことです。(6月上旬公開予定)